フリーランスに向いている人と向いていない人

フリーランスという言葉に魅力を感じている人が少なくありません。


特に若い人に多いようです。一番の理由は「フリー」という言葉にあります。

会社勤めをしている人はやはり自由に憧れるのが普通です。

しかし、誰でもがフリーランスになれるわけではありません。

なぜならフリーランスは固定収入がないからです。

リクナビNEXT JOURNALがオススメです。

完全に自営業者です。
自営業者は給料などという毎月決まった給料がもらえるわけではありません。自分が働いて結果を出せた場合にのみ報酬をもらえます。
これほど厳しい仕事ですから「誰でもなれるわけではない」のです。
まず大切なのが資金です。

3か月くらいの生活費があることは必須条件です。

固定の収入がないのですからそれくらいの蓄えは必要です。


次に、自分で仕事を見つけてくるルートを持っていることです。
会社員ですと、営業部門の人だけが仕事をとってきますので自分は自分の担当の業務だけを行えば仕事を完了することができます。

フリーランスについて紹介しています。

しかし、フリーランスは自分が営業をすることからはじまります。



仕事を請け負わなければなにもできないのです。


わかりやすくいいますと、基本は営業だと考えるべきです。

次に自己管理をできることです。

これが簡単なようで意外と難しいものです。誰も自分を管理してくれませんから、心に隙がありますと、ついつい自分に甘くなってしまいます。
例えば、朝の仕事開始の時間が遅くなったり、早めに仕事を切り上げてみたりなど楽なほうに流されることがあります。こうしたあらゆる面において自己管理ができる人がフリーランスに向いている人です。

Copyright (C) 2016 フリーランスに向いている人と向いていない人 All Rights Reserved.